アロハ~、

 

 

6月に入ってしまいましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

ハワイ8年目に突入したのは4月のことなのですが、

 

 

ブログ更新サボっていたらあっというまに6月にw

 

 

早いですよね〜。

 

 

最近はリブラブハワイという僕の会社のサイトやこのブログをパワーアップさせるプロジェクト、

 

 

会社の業務の効率化、

 

 

などで忙しくしています。

 

 

今年のビッグイベントといえば昨日長男が小学校を卒業しました。

 

 

 

こちらの公立小学校は幼稚園1年と小学校5年制の6年間です。

 

 

小学校最終日までJPO(ジュニアパトロールオフィサー)という登下校のドライブするーの補助ボランティアをして終えた長男。

 

 

 

 

(↑移住して2ヶ月後、ワイキキの狭い1ベッドルームで家族4人で暮らしていた頃)

 

 

あんな小さかったのに成長期に入ってしまい

 

 

声がわりして車で歌を歌う時声がうらがえったり、

 

 

ニキビができてきてママの洗顔料使い始めています。

 

 

まだまだめっちゃかわいいw

 

 

ハワイで大家:次男三男2019

ハワイで大家:次男三男2019

 

 

 

先週次男は長男とふざけて家を走りまわって壁にぶつかり、

 

 

8歳で人生3回目の骨折。

 

 

今回は軽く骨がかけただけで手術は不要。ホッ。

 

 

すごいヒステリックに反抗するようになりましたが、

 

 

お話し好きで本を読むのが大好きで、

 

 

今年1年でまたひょろひょろと背が伸びた次男。

 

 

今年3年生になる彼は最高に可愛いです。

 

 

そして孫レベルの3男。

 

 

(↑生まれたのはもう5年前かぁ)

 

もうすっかりベビーではなくなってしまいました。

 

 

プリスクールはあと1年です。

 

 

最近徐々に英語も覚えてきました。

 

 

 

 

 

こんなに日本語を話すのに、

 

 

今年何故かレインボー学園という日本語補習校の幼稚部に不合格でして、

 

 

毎週土曜日一緒にいる時間をプレゼントしてもらった気分。

 

 

引続き孫タイムを満喫したいと思います。

 

 

最近思うのは、おそらく僕ら夫婦にとって子育て時期、

 

 

今この時期が人生にとって最も充実した期間ではなかろうかということです。

 

 

子供が大きくなる過程を見ていく。

 

 

学校の送り迎えをして、

 

 

習い事にも送り迎え。

 

 

夜ご飯は必ず一緒に食べて、

 

 

休みの日はどこかに出かける。

 

 

年に何回かは家族で旅行もする。

 

 

そうやってどっぷり僕は子育てにハマっていきたいと思っています。

 

 

だって高校生にもなったらきっと親なんか相手にしてくれなくなるだろうし、

 

 

そう考えたら長男はあと数年しかない!

 

 

(三男はまだ10年は楽しめるw)

 

 

そうして老後に妻と「あのときは楽しかったねぇ〜」とお茶をすすりながら話せたらいいなと思っています。

 

 

子育てを楽しんでできている理由のひとつに、ハワイに住んでいるということもあるかと思います。

 

 

ハワイは田舎で自然も豊富、人々は大らかで寛容です。

 

 

 

陰湿ないじめ、偏見、モンスターペアレンツ、横並び社会、受験社会とは少し距離をおいた場所で子育てできているのかなと思っています。(もちろんどれもゼロではありませんが)

 

 

 

親も楽しんでいますが、子育てにハワイを選んで本当に良かったと思っています。

 

 

View this post on Instagram

Dis is how we spend Black Friday

A post shared by Evan Eigo Amakata (@eggstas) on

 

 

 

あと最近感じていることパート2。

 

 

それは

 

 

「残りの人生1秒でも多く楽しいと思う時間をすごすこと」

 

 

です。

 

 

人生色々ありますので、

 

 

怒ったり、ストレスを感じたり、嫌だなぁという思いをすることはゼロにはできないでしょう。

 

 

でもそれらの時間を極力少なくしていきたいのです。

 

 

僕なりのアンガーマネジメント?

 

 

幸せな人生の秘訣?

 

 

とでも言いましょうか。

 

 

実は今年親しい友人を亡くしたんです。

 

 

その友人と共有した時間を振り返ったりしていると

 

 

人生の儚さ、短さを改めて感じます。

 

 

短い人生、1分1秒でも多く笑っていたい、ハッピーでいたい、

 

 

そう感じています。