バリューアップ賃貸経営 その6 切り下げ工事

2012-08-31T11:30:34+00:00 8月 31st, 2012|日本の不動産リモート経営|0 Comments

 

こんにちは! ハワイから日本の投資物件をリモート経営しているエバンです。

 

今朝は波がサイズアップしていたのでボウルズで1ラウンドこなしてきました。

 

途中頭くらいにサイズアップしたのでショートの修理もっと早くすればなぁーと後悔。

 

さて、今回は物件ナンバー2の一階店舗部分についてのバリューアップについてご紹介します。

 

購入当初、店舗駐車場入り口部分がどうもせまく駐車しにくいなぁと感じていました。

 

2店舗にそれぞれ駐車場が2台分ずつあり、アクセス向上が収益アップにつながると考え、

 

いろいろとインターネットで探し始めました。

 

切り下げ工事前の写真。角の駐車スペースに停めようとすると乗り上げてしまいます。

切り下げ工事前の写真。角の駐車スペースに停めようとすると乗り上げてしまいます。

 

切り下げ工事前。 北側部分も広げればかなり停めやすくなりそうです。

切り下げ工事前。 北側部分も広げればかなり停めやすくなりそうです。

 

しかしこれだけの規模の工事です。 全く経験がないので、

  • そもそも勝手にやっていいのか?
  • どんな業者さんがこんな工事をしてくれるのか?
  • そもそもなんという名前の工事なのか?

など全くわかりません。

 

とりあえず色々な人に聞いて道路の「キリサゲ」工事という事は分かりました。

 

そんな工事をしてくれる業者は知らないので次はインターネットでリサーチします。

 

何社かコンタクトをとってオースさんという業者にお願いする事に。

 

親切な社長さんとお話をしていると、どうやら市役所と警察署にそれぞれ届け出をしなくてはならないとの事。

 

しかもそれがなかなか面倒らしく、「届け出をやらなくていいなら20万でやりますよ」。

 

20万でできるんですか? 申請自分でやります!

 

ということで早速届け出をしました。

 

  1. 市の土木課へ行き、申請用紙をもらう。
  2. 軌跡図(車両の進入軌跡図)と工事の図面、申請用紙を用意して土木課に提出
  3. 許可が下りた後、管轄の警察署に出向き道路使用許可の申請書をもらう。
  4. 用紙を警察署に提出し、指定日に取りにきて届け出完了。
  5. 工事後に完了届け出と、工事中、工事後の写真を土木課に提出

許可が下りるまで約2週間ほど要しました。

 

2の準備が一番手間がかかりました。 側溝のタイプや、歩道の舗装が車両乗り入れに対応しているものであることも確認しなくてはなりません。

 

いよいよ工事です。

 

ガードマンもつけなくてはなりません。

ガードマンもつけなくてはなりません。

 

職人さんひとりで作業、撮影します。

職人さんひとりで作業、撮影します。

 

一日の工事で2メートルの切下工事が完了しました。

 

駐車は見違えるほど楽に!

 

 

お陰様で長らく空室だった南側店舗もひと月後に入居が決まりました。

 

20万円で月々13万7千円の機会損失を埋められるのならすぐ実行してしまいますよね。

 

日々利便性の向上の努めればお客様にも絶対伝わると考えています。

 

ところで今回お願いしたオースさんの担当Tさん。

 

とても男気があって、かっこいい人でした。

 

後日新宿の飲み会にも連れて行ってもらいました。 ありがとうございました、Tさん!

 

今ではFBの友達です。  舗装、切り下げ工事はぜひオースさんオススメです!

 

Have a great day,

エバン

 

 

 

 

 

よかったらコメントを残してくださいね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。