ハワイ宅建 おもしろ問題 (3) 自然現象その1

2012-06-20T08:18:03+00:00 6月 20th, 2012|ハワイ州おもしろ宅建問題集|0 Comments

こんにちは! ハワイ州の不動産業にチャレンジしているエヴァンです。

 

現在ハワイ州の取引主任者登録に必要な「所属ブローカー」を探しています。

 

さて、まだまだ興味深い問題がいっぱいあるので忘れないうちにご紹介したいと思います。

 

かなり究極の自然現象に関する問題です。

 

Q) Lava from Kilauea continues to flow into the Pacific Ocean thus adding acreage to your property. Who owns the increase in ocean front property?

A) County of Hawaii
B) Owner of property
C) Present occupant of the property
D) State of Hawaii

Q) キラウエア火山から太平洋に溶岩が流入し続け、あなたの土地面積が増加しています。 このオーシャンフロントの増加分は次のうち誰の所有物か?

A) ハワイ郡(ハワイ島の市町村)
B) 土地所有者(つまりあなた)
C) 現在の占有者
D) ハワイ州

 

答えはDのハワイ州です。 面白い問題ですよね。

 

この問題は実際に出題されました!

 

日本の宅建で自然現象が出て来たのは「契約後、物件の引き渡し前に自然現象によって滅失した場合の所有権」くらいでしょうか?

 

多分熱くて何十年も立ち入る事さえできない気がしますが、これが宅建の試験にでるとはハワイ独特ですよね?

 

溶岩でできた土地とはこのようなイメージでしょうか?

溶岩でできた土地とはこのようなイメージでしょうか? 熱そうです。

 

 

Have a great day,

エヴァン

 

 

 

よかったらコメントを残してくださいね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。