日米のオフィス空室率比較(2013年版)

2013-07-28T11:27:21+00:00 7月 28th, 2013|ハワイの不動産事情|0 Comments

こんにちは! ハワイ不動産購入のお手伝いをしているハワイ州公認不動産取引士のエバンです。

——————- お知らせ —————–

  • 天方エバン個別相談会 in 東京は8/8です。申し込み、詳細はこちらからどうぞ。
  • 不動産投資サイト「健美家」でコラム連載中です。よろしかったら読んでみて下さい!

———————————————

Nikkei.comによりますと、

 

今年6月時点の東京の中心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス空室率は

 

 

8.46%だそうです。

 

 

2014年には都内の高層ビルが複数竣工し、

 

 

オフィス空室率が急増するなんていわれていますよね。

 

 

さて、全米やハワイのオフィス稼働率はどのようになっているのでしょうか?

 

 

7/8付けのFinancial Timesによりますと

 

 

全米のオフィス空室率は

 

 

17%(2013年第1四半期)

 

 

もあるそうです。

 

 

見通しもあまり明るくはなく、

 

 

急に好転するような状況にはないそうです。

 

 

ただサンフランシスコなどのテクノロジー都市は

 

 

Sales ForceなどのIT企業のオフィスニーズ増加に伴い

 

 

家賃は昨年比7%も上昇しているそうです。

 

 

 

さて、ハワイはどうかといいますと、

 

 

ホノルルの第2四半期の空室率は13%でした。(パシフィック・ビジネス・ニュース)

 

 

今後もしばらくこのあたりで推移する様です。

 

 

ハワイは観光業がメインなのでなかなか

 

 

ビジネスが育たないと言われています。

 

 

光ファイバー敷設などの

 

 

インフラを整備すればオフィスニーズも

 

 

増えると思うのですが

 

 

ハワイ州はお金を持っていないのでなかなか厳しいでしょうかねぇ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

皆様のクリックが励みになりますので下記バナーをそれぞれクリックして頂けると幸いです。
不動産投資 の収益物件
にほんブログ村 海外生活ブログへ

ハワイで大家 不動産投資でハワイ移住達成! リモート賃貸経営とハワイ不動産売買物件ブログ

Have a great day,

エバン

よかったらコメントを残してくださいね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。