ハワイの歯医者で見積もりがでてきた件

2014-12-27T12:13:49+00:00 12月 27th, 2014|ハワイの医療, ハワイの生活|0 Comments

みなさん、素敵なクリスマスを過ごされましたか?

 

お陰様で僕も日本からきている両親、妹親子と一緒に賑やかに過ごさせていただきました。

 

我が家のお客様を含めると大人7名、男児4名とかなりの大世帯ですw

 

そんな中、エスクロー二件の対応、明日から来られるお客様の内覧準備など忙しくしています。

 

さて、僕はアメリカに学生時代からおりましたがどうしてもこちらの歯医者には馴染めませんでした。

 

日本ではきちんと半年ごとにクリーンアップに行ったり自腹でいい詰め物を入れたりケアは頑張っていた方かと思います。

 

それが良かったのか悪かったのか、ハワイに来てから3年近く全く歯のトラブルもなく、

 

保険があるくせにどうもアメリカの歯医者ということでなかなか足を運べなかったんです。

 

今回いよいよその時が訪れました。

 

というのも今までに感じたことのない痛み、過敏とかそういうレベルじゃないつーんとくる痛みです。

 

ようやく重い腰をあげて近くの歯医者に行ってきました。

 

判決は、

 

ルートキャナル(根幹治療)。。。

 

神経を抜き、クラウンという人工歯をかぶせるあれですね。

 

生まれて初めてこのレベルに来てしまいました。

 

今までサボっていたことを激しく後悔。

 

しかしその後もっともっと後悔する事になります。

 

こいつを見たときです。

 

img_1345

 

見積もりの額が、、、

 

$717.65

 

です。日本円で約86,440円です。

 

ちなみに僕、医療保険毎月1600ドル払っています。

 

今回の保険適用は約655ドルですから半分以下。

 

奥歯になるほど保険適用率が下がるそうです。

 

ハワイに移住する事になったら方、

 

まず奥歯を入念に磨きましょう。

 

マ、マハロ。。

 

よかったらコメントを残してくださいね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。