カカアコのホールフーズの概要が明らかに

2014-11-06T13:34:46+00:00 11月 6th, 2014|カカアコ, ハワイの不動産事情, ハワイの地域|0 Comments

Pacific Business Newsの記事によりますと、今週ハワードヒューズが現在のオフィスデポとノードストラームラックの一角のプロジェクトをDCCAに提出するとあります。

 

コードネームは「ブロックM」

 

場所はこちらです。

 


 

[map address=”340 Kamakee St. Honolulu, HI 96814″ type=”roadmap” map_style=”default” overlay_color=”” infobox=”default” infobox_background_color=”” infobox_text_color=”” infobox_content=”” icon=”” width=”100%” height=”600px” zoom=”20″ scrollwheel=”yes” scale=”yes” zoom_pancontrol=”yes” popup=”yes” class=”” id=””][/map]

ワードの映画館の北側に配置され、

 

旗艦ショップのホールフーズを中心とした商業、住宅の混合地域になります。

 

例によって

 

ホールフーズ直結のコンドミニアムが建設予定で、

 

認可が降りれば来年にも着工予定です。

 

466戸供給予定のようです。

 

ちなみにホールフーズの店舗面積は50,000 sqf と1400坪以上、

 

駐車場は700台分用意される予定です。

 

すでにカハラのホールフーズは観光地していますので

 

できたら日本の観光客の方もどっと流れ込みそうです。

 

いずれにしよ今後のカカアコは目が離せませんね。

 

 

http://www.bizjournals.com/pacific/news/2014/11/05/exclusive-first-look-at-howard-hughes-corp-s-whole.html

よかったらコメントを残してくださいね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。