ハワイの銀行で融資を引く事ができます。それにはいくつかの条件と注意点がありますのでご紹介します。

 

メリット:やはりレバレッジを使って資産を増やすことができることでしょう さらに邦銀は海外不動産を評価できないので日本の融資には影響しないと聞いた事があります。もし本当だとするとハワイの借り入れは日本では考慮されない?ということになりますでしょうか。

 

注意点:ハワイの物件を購入、賃貸した場合、ランニングコストの幅が多くキャッシュフローが圧縮されるケースが多いです。融資を引いて購入した場合、月々の返済を入れたらトントン、場合によっては足が出るケースがあります。ご自身でしっかり調査をしてから購入される事をお勧めします。

 

お勧めする方:キャピタルゲイン狙いで5ー6年間は寝かせておける資金がおありで、海外分散投資の必要性を感じている方。

 

融資の条件

  • 黒字の確定申告または法人決算書を2、3期分
  • 頭金最低30-40%(物件,銀行により若干相違あり)

 

こちらの銀行も儲けているということを見ています。

 

ご興味がある方は

まずはご連絡下さい。その後ローンオフィサーという融資斡旋業者をご紹介します。(日本語可)資料をローンオフィサーに送り事前審査を受け内定をとっておくといざ購入する時により強いオファーにする事ができます。

個人関連書類:

  1. 直近2年源泉徴収票(あれば)
  2. 直近2ヶ月預金通帳のコピー(表紙と直近2か月分のページ・法人名義でもかまいません。頭金と余力の有無を拝見します。)
  3. 直近1ヶ月給与明細書(あれば)
  4. パスポートコピー
  5. 個人名義不動産の住宅ローン返済明細書
  6. 個人名義不動産の不動産固定資産税納付書
  7. 個人名義不動産の火災保険証
  8. 個人名義不動産で管理費がある物件はその金額(預金通帳の自動引き落としもしくは明細書など)

法人関連書類(あれば):

  1. 履歴事項全部証明書
  2. 直近2年間の法人確定申告書+決算書
  3. 物件購入および住宅ローンに関する決議書 (お手伝いします)
  4. アメリカでの事業登録番号(FEIN) *注1
  5. Certificate of Good Standing *注1
*注1:日本法人をハワイ州商業局に登記後取得のお手伝いをさせて頂きます。

Happy Investing!